除草剤の使い方を徹底解説!より効果を発揮する方法をご紹介

スポンサードリンク


憧れのガーデニングを始めたものの、「次から次へと際限なく生えてくる雑草にもううんざり」した経験、ありませんか?庭だけではなくコンクリート製の駐車場にまで油断すると生えてくる雑草は頭の痛い問題です。
雑草にお悩みの方、いっそ除草剤を使用してみてはいかがでしょうか。しかし気になるのはその毒性ですよね。どんな効果があるのも気になるところです。
そこで今回は、除草剤の使い方やその種類、毒性、効果的な活用方法までお伝えします。


1.除草剤の基本的な使い方


除草剤は雑草を枯らすために使用する薬品です。ガーデニング用の除草剤は農薬よりも毒性が低いですが、それでも十分危険性がありますので、扱う際は必ず手袋・マスク・エプロン・長靴を着用します。肌に直接、除草剤が触れないように気を付けましょう。またどんな種類の雑草に効果を及ぼすか、除草剤ごとに得意不得意があります。まずは購入前に、「どこに使用するのか」「駆除する雑草の種類」を見極めておきます。
また除草剤ですので、間違って枯らせたくない植物に影響を与えるおそれもあります。庭木などの根元半径1メートル以内には散布しないようにしましょう。庭木の根元は自力で草むしりを行います。
除草剤を散布する際はむらなく均一に撒くようにしましょう。少しずつ撒いていくようにします。


2.除草剤の種類とその毒性とは


ガーデニング用の除草剤は大きく分けて2種類あります。粒剤か液剤かです。見た目が違う上に毒性の効き方も違います。それぞれの特色を踏まえた上で、目的に応じて使用しましょう。
まず錠剤ですが、土壌表面処理除草剤や選択制除草剤が多いです。土壌表面処理型はその名の通り、土壌そのものを変えます。そのため駆除すべき雑草だけではなく、栽培している他の植物にも影響を与えます。野菜などを栽培している場合は、使用は避けた方が良いでしょう。選択制の除草剤は、ある特定の植物だけを枯らすという特性があります。そのため芝生の中の雑草駆除などに使用されます。
しかし他の植物にも成分は蓄積されていくため、完全に無害とは言いきれません。
次に液剤ですが、アミノ酸系除草剤が多いです。こちらは根からは吸収されず葉から枯らしていくタイプになります。また土壌中で分解されるのも早く、生き物全般への影響が低いとされています。


3.除草剤をより効果的に使用するためには!時期が重要


除草剤は種類によっても効果を発揮する「時期」が変わります。
まず粒剤は雑草が生えてくる前の「予防」として散布します。除草剤を撒きたい場所にすでに雑草が生えている場合は、草抜きをした後に散布すると良いでしょう。
次に液剤は「今すぐ目の前の雑草をどうにかしたい」という際に使用します。即効性がありますので、思い立ったらすぐに使えます。
どちらも散布は早朝の雨が降る心配のない日に行いましょう。雨が降るとせっかく撒いた除草剤が流されます。また日中に散布すると夏場は高温のせいで蒸散してしまいます。まだ気温の低い、雨の降るおそれのない早朝に散布しましょう


4.まとめ


除草剤の使い方についてご紹介しました。除草剤は錠剤と液剤の二種類があり、毒性も効果を及ぼす時期も違います。どんな場所でどんな雑草を除去したいのか見極めた上で最適な除草剤を選びましょう。また、散布の時期も重要です。錠剤は雑草が生える前に、液剤は雑草が生えてきたときに撒きます。さらに真夏は昼間に散布すると蒸散するおそれがあります。まだ涼しい早朝のうちに除草剤は撒きましょう。雨や風が吹くと除草剤が薄まってしまいますので、天候にも注意が必要です。天気予報をチェックして、計画的に除草剤は使用しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ