腰痛の原因には種類があった?原因を知って治療に役立てよう

スポンサードリンク


辛い腰痛、「耐えるしかない」と思ってただひたすら我慢していませんか?あるいは「ただの筋肉痛だ」と思って放置していませんか?腰痛の原因にはいくつか種類があります。原因に沿った治療を受けなれければ、治るものも治りません。そもそも腰痛で来院する患者のうち、85%もの人たちが「原因不明」と診断されるといいます(日本腰痛学会調べ)。原因によっては見当違いの病院を受診していたせいでいつまでも腰痛の治療が功を奏することがない、というケースもあり得ます。
そこで今回は、腰痛の原因にはどんなものがあるのか、その種類とメカニズムについてご紹介します。1日も早く腰痛を治して、快適な日常生活を取り戻しましょう。


1.腰痛の原因①筋肉疲労


腰周辺の筋肉が疲労し腰痛を感じることがあります。これは筋肉が損傷し炎症を引き起こすことで痛
みが生まれます。主に腰を使う作業や急な運動を行った際に起きることが多いです。そのため年配の人だけではなく、若い人でも十分起こり得ます。また腰に違和感を感じつつ放置した結果、唐突に「ぎっくり腰」と呼ばれる腰痛にまで発展する場合がありますが、これも原因は筋肉の炎症にあります。
レントゲン撮影などでも骨や神経に異常は見られない場合、筋肉が原因と見なされることが多いです。もしも神経の炎症が原因で腰痛を発症した場合は、椎間板ヘルニアとして区別されます。
筋肉疲労が原因の腰痛の場合は、腰だけではなく腰から背中にかけてが痛みます。また腰周辺に気怠さや重みを感じるのも特徴の一つです。


2.腰痛の原因②内臓の病気

内臓と腰、一見何の関係もなさそうに見えますが、実は密接な関係があります。まず、腰の内側にあるのは臓器です。沈黙の臓器とも呼ばれる内臓は異常が起きると肥大化し、お腹や腰が圧迫されます。その結果、内臓ではなくお腹や腰が痛むように感じるのです。
腰痛を伴う内臓の疾患としては、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆石症・尿路結石・腎盂腎炎・帯状疱疹とそれに付随する神経痛が挙げられます。
内臓の疾患が原因で腰痛を引き起こす場合は、腰痛以外の身体の不調も同時に出ているはずです。消化不良や胃もたれ、むくみ、全身の気怠さなどと同時に腰痛を発症している場合は内科系の疾患に要注意です。


3.腰痛の原因③婦人科系のトラブル

内臓の病気についてお話ししましたが、女性特有の器官がトラブルを起こした際にも同じ理由で腰が痛む場合があります。腰痛を伴う婦人科系の疾患としては子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・卵巣炎・更年期障害が挙げられます。いずれの腰痛も、生理痛に似た内臓が絞られるような腰の痛みが特徴です。
中でも子宮筋腫・更年期障害は女性ホルモンの分泌が過剰であったり逆に少なすぎて起きる女性特有のトラブルです。生理中に多くの女性が感じる生理痛も同じくホルモンの分泌異常による腰痛を伴うため、「生理痛に違いない」と思って放置する方が多いです。長引く腰痛は「いつもの生理痛」で済ませずに、婦人科系の病院で診察を受けましょう。通常の生理痛であっても、市販の鎮痛剤が効かない場合は病院で薬を処方してもらいましょう。

4.腰痛の原因④ストレス


腰痛で診察を受けた人のうち、はっきりと原因が分かるのは6人に1人という調査結果があります。
多くの方は原因不明の腰痛に悩まされ、いつの間にか治っていたという人もいますがもしかしたらその原因は「ストレス」かもしれません。
ストレスを感じると、人間の自律神経が乱れます。自律神経は交感神経と副交感神経からなり、この二種類の神経が交互に働くことで、身体の各機能のオンオフが行われます。しかし自律神経が乱れるとこのオンオフがうまくはたらかなくなり、休むべき時に筋肉が緊張したままになり腰痛の原因となる場合があります。また普段であればちょっとした痛みは脳内物質により紛らわされるものですが、自律神経が乱れているとその機能も損なわれ、いつも以上に痛く感じることもあります。
ストレス性の腰痛は心療内科などにかかり、ストレスの根源を見直さなければ治りません。


5.まとめ


腰痛の原因についてご紹介しました。一般的には「ぎっくり腰」として知られる筋肉疲労が原因の腰痛から、内臓や婦人科系疾患が原因となる腰痛、なかなか原因が特定できないストレスなどさまざまな種類があります。
いずれも、腰痛以外にも身体の不調が現れます。腰痛は辛いですが、原因の特定が治療の第一歩ですから、まずはどんな症状なのかじっくりと向き合いましょう。身体の別の部位が痛むようであれば、腰以外に原因が潜んでいるかも知れません。腰の痛みが一定でなければ、ストレスかも知れません。
腰痛は原因が特定しにくい病気ですので、色々な可能性を検討しながら腰を労ると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ