結婚式の招待状を受け取った場合の返信マナーご紹介

スポンサードリンク


知人・友人の結婚式の招待状を受け取ったものの、返信の仕方に悩んでいる方、多いのではないでしょうか。招待主にとって結婚式とは重要な人生の節目ですから、何気なく送った返信状も相手の記憶に残りやすいものです。せめて最低限のマナーを守っておきたいですし、相手にとって良い印象を与える返信を送りたいですよね。
そこで今回は、結婚式の招待状にどんな返信を送るのがマストなのかお伝えします。結婚式の招待に応じるつもりの人も、参加できなくて困っている方もご覧下さい。


1.返信は手渡し?ボールペンはダメなの?まずは基本の返信マナー


結婚式の招待状には必ず、出欠確認を行うための返信用ハガキが同封されています。「何も今の時代、わざわざ郵送にしなくてもメールや電話で意思表示すればいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚式を控えた新郎新婦は多忙を極めます。メールや電話の場合、「聞き漏らし」「チェックミス」などが起きるおそれがあります。その点ハガキだと、招待予定客の出欠状況が一目瞭然でチェック作業も恙なく行えます。返信は新郎新婦の環境に配慮して必ずハガキを送るようにしましょう。
ただし、職場の同僚の結婚式など、毎日会う人からの招待状の場合もあるでしょう。その場合は、手渡しでも問題ありません。遠くに住んでいる新郎新婦にわざわざ会いに行くのは双方にとって負担が大きいので、ハガキを活用しましょう。
返信は万年筆やペンで記入するのがマナーですが、薄墨でなければボールペンでも構いません。


2.招待状への返信の書き方 横書きの場合はどうする?


まず表書きですが、「○○行」と記載されていますので、二重線で「行」を消して「様」と右横に大きく書き直します。
次に裏書きですが、大抵の返信用ハガキには「ご出席」「ご欠席」とあらかじめ記入されています。出席か欠席かどちらか一方を○で囲み、「御」もしくは「ご」は二重線で消します。縦書きでも横書きでも同じです。
二重線は定規をつかって綺麗に引きましょう。太字のペンで「行」「御」の上から「寿」と記入してもいいでしょう。


3.結婚式に出席する意思表示の他に伝えたいこと アレルギーは伝えるべき?


基本的な事項を書き終えたら、そのままポストに投函でも良いですがプラスアルファ加えたいところです。
まず、出席の意思表明を示す場合、行間に「慶んで」と一言添えると、お祝いの気持ちを表すことが出来ます。あるいは欄外に「楽しみにしています」と書き添えても良いでしょう。手渡しで返信ハガキを相手に渡す際も同様に「おめでとうございます」と添えるとマストです。
また、結婚式の披露宴の場合、式場によってはアレルギーのあるなしについて確認する欄があります。
遠慮せず正直にアレルギーは申告しておきましょう。当日何かの手違いでアレルギーのある食品を口にしてしまう危険性も回避できますし、晴れの舞台に迷惑をかけることもありません。


4.結婚式の招待状 欠席理由は書くべき?


「せっかくの招待、受けたいけれどどうしても参加できない」という方もいらっしゃるでしょう。欠席の返事を出す場合、そのまま返信ハガキを渡すと相手も心配します。できるかぎり、理由について言及するのもマナーです。
ただし病気や弔事などは相手に心配をかける恐れがあるので、ストレートに書く必要性は必ずしもありません。「残念ながら出席できません」「申し訳ないですが欠席とさせて頂きます」くらいでいいでしょう。自身の仕事上の都合や出産などで欠席できない場合は、理由を明確にしても問題ないです。
欠席する場合は、招待状を受け取った時点で招待主に電話で欠席の理由を説明すれば、より誠実な対応と言えます。


5.まとめ


結婚式の招待状を受け取った場合、どんな返信を送ればいいのかそのマナーについてご紹介しました。
相手の都合に合わせるように配慮すれば問題は起きません。出席も欠席も、どちらの返事も早めに伝えるようにしましょう。新郎新婦は多忙なので必ずしも手渡しで返事を送る必要性はなく、郵送で十分です。もし頻繁に会う相手からの招待状であれば手渡しでもかまいません。手渡しの際は一言お祝いの言葉を添え、郵送の場合もハガキにお祝いの言葉を添えておきましょう。
欠席する場合は、ハガキを送る前に相手に連絡を入れておくと失礼にはなりません。欠席の際も、相手にお祝いの言葉を伝えるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ