キッチンのインテリアはどうすればいい?実例をご紹介

スポンサードリンク


毎日作業する場所でもあるキッチンのインテリア、何か工夫をしていますか?「片付けるのに精一杯で何も手を加えていない」「何からやればいいのか分からない」という方、毎日立つ場所だからこそ自分好みのインテリアを楽しんでみませんか。
今回はつい取り入れてみたくなる、キッチンインテリアの実例をご紹介します。機能的で、かつ居心地が良くなる自分好みのインテリアでキッチンを飾って、毎日の家事を心地よいものに変えてしまいましょう。


1.キッチンインテリアの実例【一人暮らし編】


一人暮らしのキッチンは、なんといっても狭いのがネックです。一口しかないコンロやまな板を置くスペースしかないシンクなど、実用性そのものも大きく制限されているのが現実です。
その場合はインテリアも兼ねて、収納スペースを増やしてはいかがでしょうか。
壁面にフックや棚を取り付け、「見せる収納」で実用性と見た目のおしゃれ感を追求してみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://matome.naver.jp/odai/2133269537283039201
こちらのサイトでは「見せる収納」の実例が写真付きで紹介されています。台所にすでにある窓枠や、木箱を利用した調味料置き場など参考にしやすいインテリアが盛りだくさんです。


2.キッチンインテリアの実例【賃貸編】


賃貸物件の場合、最も悩むのが「すでにある設備に傷をつけないこと」です。壁に穴を空けるなんてもっての外ですが、最近では釘を打たなくても設置できる棚やフックがありますので活用してみてはいかがでしょうか。
また最近では張って剥がせるインテリアシートが人気です。これさえあれば、原状回復できる方法で壁材や床材の雰囲気をがらっと変えることができます。

参考URL:http://folk-media.com/198479
キッチンの棚に黒板にもなる黒いシートを貼ってビストロ風にしたり、洗いざらしの木の質感溢れるシートを床に貼ったりしたインテリアを紹介しています。レンガ調やタイル調など、100円ショップで手に入るシートも活用方法次第で全くチープには見えません。

参考URL:https://findy.jp/6164
インテリアシートの選び方や貼り方例が豊富なサイトです。


3.DIYで作る!おすすめキッチンインテリア


賃貸や「大がかりな改装は勇気がいる」という方は、いっそ壁を自分で作ってしまってはいかがでしょうか。
壁を作るのに必要な道具は全てホームセンターで揃います。手順は簡単、まずは基本の柱を立てあとは板材を柱に打ち付け簡易壁の出来上がりです。柱については固定されていないと地震などの災害が不安ですので、「ディアウォール」「ピラーブラケット」という傷をつけずに角材を天井と床に渡して固定する道具を使用しましょう。2×4と呼ばれる規格の角材であれば加工することなく長さだけ揃えて上下に固定具を装着すれば完成するお手軽さです。角材まで含めて、4000円以内で一組準備できます。
壁の作り方と活用方法については、詳しい動画をご紹介します。

参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=w85ZnF7YKaw
「賃貸物件でもできるよ!ディアウォールを使ってキッチン収納をDIY♪ 」


4.まとめ


オススメのキッチンインテリアを実例つきでご紹介しました。
一人暮らしのキッチンは狭いのが難点ですが、キッチンツールを吊って収納するフックや見せる調味料棚などを設置すると機能性と草食性の両方を兼ね備えたキッチンを作ることが出来ます。
賃貸のキッチンは、壁に穴を空けられないのが悩みどころですが、ホッチキスで壁に固定できる棚などを使用すれば手軽にインテリアを増やせます。またインテリアシートを使用して、壁や床を傷つけることなく雰囲気をがらっと変えることができます。
持ち家でも賃貸でも、手軽にがらっと雰囲気を変えたい場合は簡単にできる壁を増設してはいかがでしょうか。ホームセンターで気軽に材料を揃えることが出来る上、床や壁を傷つけないので気分次第で模様替えも楽しめます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ