ウォールシェルフを活用して簡単にできるおしゃれなインテリアをご紹介

スポンサードリンク


なんとなく殺風景な部屋に飽き飽きしていませんか?かといって、棚を置くと床が占拠されて部屋が狭く感じそうです。そんな方にオススメしたいのが、壁に取り付ける飾り棚「ウォールシェルフ」です。DIY初心者の女性でも簡単に設置できる上、室内の上空部分を無駄なく活用できるとあって今、人気のインテリアアイテムです。
「リフォームには興味があるけれど、賃貸だから無理」という方でも大丈夫、壁を傷つけないホッチキス活用タイプのウォールシェルフもあります。
楽しいウォールシェルフの活用方法について、お伝えします。

1.ウォールシェルフの取り付け方法!石膏ボードなど壁の素材に注意


ウォールシェルフの基本の取り付け方法は、まず壁に棚をひっかけるための突起物を設置します。次にウォールシェルフ本体にある穴を突起物に引っかけて終了です。簡単ですが、その分重いものは置けません。各商品ごとに何グラムまで耐えられるのか記載がありますので、飾るときの参考にして下さい。壁に設置する突起物ですが、商品によりさまざまです。釘を壁に打ち付けるタイプや専用の固定器具を使用するものなどがあります。
無印良品のウォールシェルフは北欧調でモダンな仕上がりになるため人気ですが、石膏ボードの壁に取り付ける専用商品が多いです。まず自分の家の壁が何で出来ているのか確認し
た上で、商品の説明を確認して使用できるかどうか確かめましょう。


2.キッチンは?リビングは?場所に応じたおすすめウォールシェルフはこちら


ひとくちに「ウォールシェルフ」と呼んでも、板状のシンプルなものからコの字、アンティーク調、スチール製と様々な種類があります。ホームセンターはもちろん、IKEAやニトリなどの大型ショッピングセンター、100円ショップでも購入することが出来ます。
まずキッチンには「ボックス型」がおすすめです。コンロの近くなどにボックス型を設置すると調味料などの日常的に使用するアイテムが手に取りやすい場所に収納できます。油はねが心配な場合は、DIYで扉を取り付ければ大丈夫です。またフック付きのウォールシェルフを使用すればフライ返しなどの調理器具を吊すことも出来ます。
リビングにはシンプルにフラットタイプのウォールシェルフはいかがでしょうか。お気に入りの雑貨をピンポイントで飾ると部屋のいいアクセントになります。
洗面所などにはワイヤーラックを取り付けると洗濯用のちょっとしたアイテムを置くのに便利です。


3.賃貸向けのウォールシェルフはホッチキスを活用!


釘はもちろん、画鋲だって御法度という賃貸にお住まいの方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし賃貸でも安心なホッチキスで固定できるウォールシェルフもあります。
家具の専門店ニトリにはシンプルかつ低価格のウォールシェルフが勢揃いしています。ホッチキスで壁に固定するタイプのウォールシェルフもありますので、壁に目立つ傷を作ることなく飾ることが出来ます。
またいっそのこと「自分で壁を作る」という方法もあります。「ディアウォール」といって壁と天井の間にわたる突っ張り棒を設置し、その突っ張り棒に飾り棚などを取り付ける方法です。作り方は簡単、天井から床までの長さを測り4.5センチメートル短い板を用意します。ディアウォール専用の上下パットがホームセンターや通信販売で手に入るので板の上下にかぶせて壁面に向かって設置します。
これで「自作の柱」が出来上がるため、自由に釘を打つことが出来ます。


4.まとめ


ウォールシェルフを活用したインテリアのアイデアをご紹介しました。ウォールシェルフは初心者でも簡単に取り付けることが出来るため、ちょっとした気分転換に、またインテリアのアクセントに便利なアイテムです。取り付け方は壁に金具を固定し、ウォールシェルフを引っかけるだけです。ただし商品によって、金具が使用できる壁に決まりがあります。ウォールシェルフを購入する前に、設置予定の壁の材質を確認しておきましょう。
また賃貸に住んでいて壁に穴が空けられない、という方はホッチキスで設置できるウォールシェルフはいかがでしょうか。画鋲よりも穴が目立たないためおすすめです。どうしても釘を使用したい方は、ディアウォールという自作の壁を作る方法もあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ