ウイスキーの基礎知識・美味しい飲み方までご紹介

スポンサードリンク


国産ウィスキーの生産終了や、国産ウィスキーの立役者である人物をモデルにしたドラマの大ヒットなど、最近また脚光を浴びるようになったウィスキーですが、飲んだことはありますか?「ハイボールなら飲んだことはあるけれど、ウィスキーは難しそうで飲んだことはない」という方、もったいないです。ウィスキーは奥深い世界を持つ飲み物ですが、その味わいは多くの人に愛されるように魅力的なものです。今回は簡単に理解できるウィスキーの知識と、バーでオーダーしやすくなる用語解説、自宅で美味しく飲むためのオススメの方法についてお伝えします。
ぜひ、ウィスキーにチャレンジしてみてください。


1.ウィスキーにはどんな種類があるの?


ウィスキーは穀物を木樽で蒸留して作るお酒です。大きく「グレーンウィスキー」「モルトウィスキー」「ブレンデッドウィスキー」の三つに分けられます。
グレーンウィスキーとは穀物(主にトウモロコシ)を原料としたウィスキーです。モルトウィスキーとはモルト(大麦麦芽)のみを原料とするウィスキーです。特に1箇所の蒸留所のみで作られるものをシングルモルトウィスキーと呼びます。
ブレンデッドウィスキーとはこれらグレーンとモルトをブレンドして作られるウイスキーです。
単一の材料、同一の蒸留所から作り出されるグレーンウィスキーやモルトウィスキーはそれぞれの個性を楽しめます。日本でも全国各地の酒蔵で特徴的なお酒造りが行われていますが、それと同じです。
一方でブレンデッドウィスキーは人の手で新たに生み出されるお酒で、メーカーごとに違いが楽しめるほか、いつも安定した美味しさを味わうことが出来るのが魅力です。


2.ダブル?シングル?バーで注文するときに知っておきたい用語集


バーでお酒を注文する、というような小説のワンシーンで登場人物の一人が「バーボンをダブルで」とオーダーする場面がありますよね。いったいどういう意味なのでしょうか。
まず、バーボンはウィスキーの産地を示します。アメリカはケンタッキー州名産のウィスキーです。ケンタッキー州以外にも多くの産地がアメリカにはあります。この他にスコッチはスコットランド、カナディアンはカナダ、アイリッシュはアイルランドです。日本産のウィスキーも「ジャパニーズ」と呼ばれ人気があります。
またダブル、シングル、ジガーは量を指します。多い順にダブル(約60ml)、ジガー(約45ml)、シングル(約30ml)となります。240mlくらいの用量のお酒用のコップの場合、底から指1本分がシングル、指2本分がダブルの目安となります。


3.ウイスキーのおすすめの飲み方!割り方はどうする?


ウイスキーの飲み方にはストレートやオン・ザ・ロックス、ハイボールや水割りなど実にさまざまです。最もウイスキーを味わう方法はストレートですが、ウイスキー初心者やお酒にあまり強くない方にはきつすぎるでしょう。
初心者も愛好家も楽しめるのがオン・ザ・ロックスです。作り方は簡単で、冷えたグラスに大きな氷を入れ、ウィスキーを注いで完成です。コツはグラスを冷やすこと、そして氷の質です。氷は出来るだけ市販品の大きめのかち割り氷を用意します。あまりにも小さな氷だとすぐに溶けてしまい、せっかくのウイスキーの味や香りが薄まります。ロックの最大の楽しみは、時間の経過と共にゆっくりと氷が溶け、ウィスキーの味わいが変化することにあります。そのため氷の質が味わいを大きく左右するのです。
もし水割りで楽しむ場合も、同様の理由で上質のミネラルウォーターを用意するといいでしょう。理想的な割り方は「ウィスキー1:水2」です。


4.まとめ


ウィスキーの基礎知識から美味しい飲み方までご紹介しました。
ウィスキーは原料の違いによって大きく三つに分けられます。モルト、グレーン、そして両者を掛け合わせたブレンデッドです。さらにスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本が主な産地でありそれぞれに異なる味わいがあります。バーでオーダーする場合は、量も指定します。シングルで30ml、ダブルで60mlです。
オススメの飲み方はストレートですが、初心者はオン・ザ・ロックスがおすすめです。おいしく飲むためのコツは上質の氷を用意することです。バーでは大きな丸い氷で提供されますが、家庭で飲む場合は市販の大きめのかち割り氷を用意すると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ