これでこの夏を乗り切れる!夏バテの症状と対策方法を徹底解説

スポンサードリンク


夏になると話題になるもののひとつが「夏バテ」です。誰もが一度は夏の疲れを感じたことがあるのではないでしょうか。「私は夏バテ知らずです!」という方、どんな症状が出るのかご存じですか?食欲がなくなるだけではなく、吐き気など実に様々な症状が夏バテにはあるのです。
今回は辛い夏バテの原因と、それを乗り越えるための対策方法についてご紹介します。夏バテのメカニズムを理解して、今年こそは夏バテでダウンしないで楽しい夏を過ごせるようにしましょう。


1.夏バテの主な症状とは


夏バテの主な症状は「全身がだるく、疲労感を感じる」「食欲がない、あるいはあまり食べたくないと感じる」の二種類です。更に人によっては便秘や下痢、吐き気など消化器官がやられたり頭痛やめまいを感じる場合もあります。
なぜこのような症状が出るのかというと、身体が暑さに対応することが出来ず、自律神経が乱れてしまうためです。自律神経とは、普段私たちが意識せずに行っている体温調整や呼吸など、命の維持に必要不可欠な機能を司る神経を指します。自律神経は繊細な働きであるために、ちょっとした要因で働きが鈍くなったり狂ったりします。「心配事があると夜眠れなくなったり食欲がなくなる」という現象も、この自律神経が心配事=ストレスに影響を受けたために体調に影響を受けてしまったことが原因です。
自律神経が狂うと夜眠れなくなり睡眠不足になり、日中の体力不足を招きさらに疲労感が蓄積される、という悪循環に陥ります。


2.夏バテになってしまったときの対策方法はこちら


夏バテは全身の倦怠感だけではなく、夏風邪をはじめとして様々な感染症が発症しやすくなってしまいます。どのような対策をとればいいでしょうか。
まずは、食欲がなくても食事の内容には気をつけましょう。量を食べられない場合は、栄養バランスに注意します。特に不足しがちなビタミンや質の良いタンパク質を摂取しましょう。玄米やうなぎ、山芋がおすすめの食材です。
次に睡眠をしっかりとりましょう。寝不足は日中の体力を奪うだけではなく、美容の大敵です。寝苦しい夜はエアコンをつけて快適に眠れるように工夫しましょう。
そして最も重要なのは、「外気と室内の温度差に気を付けること」です。外気温と室内温度が5度以上ある場所を行ったり来たりすることで、自律神経が狂ってしまいます。エアコンを全くつけないで過ごすことは熱中症の心配があるのでおすすめしませんが、あまりにも低い温度で設定した部屋で過ごすのも危険です。


3.これでもう吐き気を感じない!夏バテの予防策とは


「暑い→吐き気がする→食欲不振→体力がなくなる」という夏バテのループから脱出するためにも、普段から予防策を実践しましょう。
まず重要なのは、「冷え」対策です。夏バテは自律神経の乱れにより引き起こされる症状です。自律神経を整えるため冷え対策は重要です。まず、暑いからと言って足先や首筋、肩を必要以上に冷やさないようにしましょう。エアコンの効いた室内で過ごすのは快適ですが、知らないうちに身体のあちこちを冷やしてしまっている可能性があります。マッサージなどで血行を改善する、冷やしすぎないように空調の設定温度に留意しましょう。
次に重要なのが水分補給です。冷たいジュースの一気飲みは身体を冷やすので、出来れば常温の水にします。一度にたくさんの量を飲むのではなく、数度に分けて少しずつ飲みます。
また日頃から栄養バランスの取れた食事を心がけると、環境の変化に耐える身体作りになります。


4.まとめ


夏バテは食欲不振の他に全身の疲労感や吐き気、めまい、頭痛、便秘、下痢などさまざまな体調不良を引き起こします。その原因は、暑さに身体が対応できずに自律神経が乱れてしまうことにあります。
夏バテになったら、バランスの取れた食事を摂り、しっかり睡眠をとるようにしましょう。食欲不振であまり量が食べられない場合は、ビタミンやタンパク質を意識的にとるようにします。
また夏バテにならないためにも、「冷え」対策が重要です。暑いからと言って足の先や首の後ろ、肩を冷やすと夏バテになりやすくなります。エアコンの設定温度には十分気を付けましょう。また水分補給はこまめに行う必要があります。
ちょっとだけ普段の暮らしに注意するだけで夏バテは防ぐことができます。冷やしすぎに気を付けて、快適な夏をお過ごし下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ