偏頭痛にはコーヒーが効く?偏頭痛の原因と対処方法についてご紹介

スポンサードリンク


偏頭痛の辛さは、経験者にしか分からない痛みです。見た目は健康な人と変わらないために、他人に痛みを訴えてもなかなか理解されないことも多いです。そして治まったとしてもまた発症する、のくり返しでうんざりしますよね。なんとかうまく偏頭痛と付き合う方法を見つけたいものです。
そこで今回は、偏頭痛の原因とその対処方法についてご紹介します。普段嗜好品として飲んでいる珈琲を利用した対処方法なので、いつでもすぐに試すことが出来ます。
ぜひ、ご覧下さい。


1.偏頭痛の主な症状と原因はこちら


偏頭痛とは慢性的に現れたり治まったりを繰り返す頭痛の総称です。ズキズキ.ドクドクと響く頭痛症状の他に、吐き気や倦怠感、肩こりを伴う場合もあります。偏頭痛の症状に慣れてくると、症状が出る前に起きる予兆が分かるようになります。偏頭痛と上手に付き合っていくためにも、「どのような状況下で、どんな症状が出たか」と自分自身の状態を観察し続けることが重要です。
偏頭痛の原因についてですが、根本的な原因についてはまだまだ不明です。ただし血管の過度な拡大・あるいは過度な縮小による三社神経の圧迫や、肩こりなどの筋肉痛が原因となって引き起こされる緊張型頭痛などが原因として考えられています。人によっては気圧の変化や光に反応して引き起こす場合もあります。


2.偏頭痛を治す方法とは


偏頭痛を治すためにはまず、自分の偏頭痛の原因は何か特定しておく必要があります。原因に応じて対処方法が変わるからです。
市販品の偏頭痛対策薬を服用する場合は、前兆を感じた段階で飲む方が効果があります。
血管の拡張が原因の偏頭痛には、「コーヒーを飲む」ことがおすすめです。コーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェインは血管を縮小させる効能があります。またカフェインの効能の他に、コーヒー自体の効能として、神経をリラックス状態に導いてくれる効果があります。そのため鎮痛効果があると考えられています。カフェインを含む飲み物であれば緑茶でも紅茶でも効果は期待できますが、この鎮痛効果はコーヒー特有のものなので、偏頭痛対策には特にコーヒーがおすすめです。


3.偏頭痛を治すためのコーヒーの効果的な飲み方とは


偏頭痛に効果のあるコーヒーですが、どのように飲むのが最も効果を実感できる方法でしょうか。
まずコーヒーには鎮静化作用はあっても予防効果はありませんので、偏頭痛を発症したタイミングで飲みましょう。
また全ての偏頭痛に効果があるとは限りません。緊張型偏頭痛や血管の縮小が原因で起きる偏頭痛の場合、コーヒーは逆効果になりますので避けます。
またコーヒーの飲み過ぎは胃腸に負担をかけるので、偏頭痛が治まらない場合は無理にコーヒーを飲み続けず緑茶や紅茶に切り替えましょう。1日に摂取するコーヒーの適正量は成人で400mg以下です。


4.まとめ


辛い偏頭痛の特徴と原因、対策に効果のあるコーヒーについてご紹介しました。偏頭痛はズキンズキン、ドクドクと血管が脈打つように痛む慢性的な頭痛の総称です。頭痛以外にも吐き気や倦怠感などさまざまな症状が起きます。根本的な原因はまだハッキリしていませんが、偏頭痛と上手に付き合っていくためにも、自分の症状をじっくり観察する必要があります。
血管の拡大が原因で偏頭痛を発症する場合、コーヒーが効果的です。コーヒーに含まれるカフェインの血管収縮作用と、コーヒー自体が持つ鎮静化作用により痛みを緩和させることが出来ます。しかし血管の縮小が原因の偏頭痛と、筋肉痛が原因で引き起こされる緊張型頭痛の場合はコーヒーを飲むと逆に症状が悪化します。
またいくら効果的でも飲み過ぎは身体の害になりますので、成人の場合コーヒーは1日400mg以上飲まないように気を付けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ