熱中症の応急処置をご紹介!予防からいざという時の対策まで

スポンサードリンク


ここ数年ですっかり定着した「熱中症」ですが、「老人によく見られる現象」だと思ってスルーしていませんか?熱中症は年齢に関係なく発症する可能性の高い症状です。自分は気を付けているつもりでもいつの間にか発症してしまったり、自分ではなくても家族や友人がある日突然発症する可能性も大いにあります。
いざという時の対策方法や、どんな症状が出るのか知っておいた方がなにかと便利です。今回は知っておきたい熱中症に関するイロハについてご紹介します。


1.それってただの頭痛や寒気じゃないかも 熱中症の症状はこちら


熱中症に気がつかないまま放置して悪化し、亡くなる人が多いです。まずはどんな症状が出るのか知っておきましょう。
・身体のあちこちが異様に熱い
・めまいや顔が火照る
→顔だけではなく、身体の一部が赤くなっている場合も注意が必要です
・滝のように汗がこぼれるか、暑いはずなのに全く汗をかかない
→暑いはずなのに寒気を感じたり汗が出ない場合、身体の体温調節機能が麻痺してしまっている可能性があります。
・身体のだるさや嘔吐感
→何となく全身に力が入らない状態から、歩けなくなるほどの重症まで、さまざまです。他人からの問いかけに対する反応がいつも以上に鈍い場合は要注意です。
・脱水症状を起こしている
→ごく初期の脱水症状の場合、まず頭痛を感じます。そのまま放置していると喉が渇いているのに自力で水分を摂ることができない状態に陥ります。こうなると点滴を受けるしかありません。


2.熱中症の対策方法はこちら


まず熱中症かなと感じたら、日蔭や風の通る涼しい場所に移動します。自然の風でなくても、扇風機やクーラーでも十分です。移動できない場合は身体を冷やしましょう。またボタンを外すなど、衣服を緩めることで風が通りやすくなり体内に籠もっている熱を発散しやすくなります。身体を冷やす場合、脇の下や首の後ろなど、太い血管が通っている場所に氷水を当てると効率的に身体を冷やすことが出来ます。氷水がなくても濡らしたタオルを当てるだけでも効果はあります。こまめに濡らしましょう。
その後、水分補給を行います。ただの水よりもスポーツドリンクの方が効果があります。経口補給液だとさらに効果てきめんです。一気に飲もうとすると腹痛になる場合もあるので、少しずつ複数回にわけて飲んだ方が身体に吸収されやすいです。


3.そもそも熱中症を予防するにはどうすればいいの


「そもそも熱中症にかかりたくない」という方がほとんどだと思いますので、熱中症を防ぐ方法についてご紹介します。
まず、熱中症の原因は「急激な環境の変化に身体が対応出来なかったこと」にあります。つまり気温が高いという原因の他に、湿度が高い、風がないなどの要因が考えられます。あまりに急な環境の変化に身体の調整機能が働くなくなると、体調を崩してしまうのです。つまり屋外だけではなく、急に気温や湿気が上がった日の屋内も危険なのです。
予防方法は「室内の気温と湿度に気を配る」「水分・ミネラルの補給をこまめに行う」ことです。気温と湿度は確認しやすいように温度計や湿度計を設置しましょう。商品によっては危険な数値にさしかかると表示で警告を発してくれるので便利です。暑いと感じたら迷わず冷房器具の力に頼りましょう。
水分とミネラルは、飲み物からでも食べ物からでも摂取できます。意識して水分をこまめにとるだけでも違います。


4.まとめ


熱中症の原因やその症状、応急処置と予防方法についてご紹介しました。熱中症は急激な環境の変化に身体が耐えきれずに体調を壊してしまう症状です。急激な環境の変化とは突然の暑さ、湿気、風のなさがあげられます。室外だけではなく室内でも起こり得る症状ですので、気温と湿度には日頃から注意を払うようにしましょう。
熱中症の症状ですが、めまいや吐き気、頭痛、寒気、嘔吐、だるさなどの自覚症状があります。ほとんどの場合が脱水症状の初期症状にあたり、放置しているうちに自力で水分が摂れなくなります。
熱中症にかかったらまずは涼しい環境に移動して、その後衣服や体勢をラクにして水分をとるようにしましょう。
油断は禁物です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ