鍼灸とはどんな技術?美容に関する疑問にもお答えします

スポンサードリンク

「お灸女子」がブームを巻き起こし、雑誌やカルチャースクールで人気を博していますが、「お灸」についてどれくらいご存じでしょうか。また「自分でも出来る」のは魅力的ですが、一度体験してみるとつい、「今度はプロの施術も受けてみたい」と考えてしまいますよね。街中でよく「鍼灸院」の看板を見かけますが、実際にどんな施術が行われるのか、自分でお灸を施すのと何が違うのかご存じですか?
実際に鍼灸は健康に効果があるのでしょうか。美容に効果はあるのでしょうか。
気になるけれどあまり知らない鍼灸の世界のアレコレについてご紹介します。


1.鍼灸とは一体どんなもの?


鍼灸とは「鍼」や「お灸」を駆使して身体の不具合を改善する東洋医学の一種です。身体の悪い部分を改善するだけではなく、人体が元々備える健康に対する活力を増進させたり、美容効果を促進させるという効果もあります。そのルーツは古く、紀元前の中国ではすでに一般的に活用され、理論体系の構築は西暦200年前後には組み上がっていたと言われています。その後、多くの人間の身体への理論の実践とフィードバックを経て、今日まで鍼灸の技術は継承されてきました。
その始まりは中国大陸ですが、日本では中国から伝播した鍼灸技術が独特の発展を遂げています。医師の他に日本では「はり師」「きゅう師」の資格を持つ人間が施術できます。
現在はアジアに留まらず、欧米でも医学の一部として認識されており、UNESCOの定める「無形文化遺産」でもあります。


2.鍼灸院は何をする場所なの?


鍼灸は2000年以上の経験の積み重ねにより成り立つ技術です。日本では無資格の人間が鍼を打つことも抜くことも法律的に禁止しています。東洋医学も医学行為に準ずる行為と見なされているのです。
従って鍼灸院とは、国家資格であるはり師やきゆう師が料金をとって施術を行う施設となります。
国家資格である以上、文部科学大臣あるいは厚生労働大臣の認可した学校・養成施設で3年の終業と実習を経て資格を取得する必要があります。該当する法律「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(通称:あはき法)」は昭和22年に制定されました。
なおカイロプラティック、整体、アロマテラピーは鍼灸院とは無関係の施設になりますので注意が必要です。


3.美容と鍼灸の関係とは


鍼灸は本来、健康増進や身体各部の改善のために施術されますが、美容を目的として行われる「美容鍼」(びようしん)も存在します。美容鍼は全身に施す施術を指し、特に顔面に施す施術は美顔鍼(びがんばり)と呼ぶこともあります。
美容に良いと聞くとアンチエイジング効果や美白を期待してしまいますが、基本の考え方は東洋医学ですので、表面上の美しさは元より皺やたるみ、目の隈、アトピー、脱毛、肥満脱出といった効果が見込めます。皮膚一枚のコンディションを整えると言うよりも、身体の内部の機能を回復し活性化させることを目指すため、短期間の施術ではあまり効果を感じられないことがポイントです。
ただし長期にわたり続けることで美容に大きな効果を得ることが出来るため、近年欧米など西洋医学の地でも注目されている美容法です。


4.まとめ


鍼灸と聞くと「鍼」や「お灸」を据えるだけというイメージがありますが、東洋医学を元に体系化された一つの学問です。日本のみならず欧米でも資格制度が確立されており、きちんとした技術と専門知識を持つはり師やきゅう師の元で安心して施術が受けられる鍼灸院は魅力的ですよね。
また健康を増進させるだけではなく、美容にも役立つ美容鍼の人気も近年高まっています。
ただし鍼灸は一長一短に効果を及ぼすものではなく、もともと自分の身体が持っていた力を活性化させることで良い方向に身体を改善させるための技術です。長い目で見て治療を受けた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ