屋形船を貸切で楽しみたい!料金や楽しみ方をご紹介

スポンサードリンク


いつものような場所で飲み会、「いい加減飽きたな」と感じること、ありませんか?そんな方は屋形船なんていかがでしょうか。いつも眺めているはずの景色も、船の上からだとひと味違った味わいがあります。

しかしせっかくの楽しい宴会や会食、出来ることならば親しい間柄の人たちだけで楽しく過ごしたいですよね。せっかくの食事やお酒も、知らない人に気を遣いながらの飲食だとあまり楽しめないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は「貸切で楽しむ屋形船」についてご紹介します。気になる料金や楽しみ方、屋形船について知っておくべき情報満載です。


1.屋形船の楽しみ方


まず屋形船の楽しみ方についてです。屋形船は四季を通して楽しめるのが特徴です。春はお花見を、夏は船上から花火を、秋は紅葉を、冬は雪見酒としゃれ込むことが出来ます。屋形船によってはこたつ完備の船もあり、冬の楽しみを満喫することが出来ます。

また運行時間によっても違う景色を楽しめます。東京の河川を運行する屋形船からは、夜は華麗なイルミネーションを望むことが出来ます。昼は東京スカイツリーなどの都内の名所を眺めることが出来ます。また運行ルートによっては、東京ディズニーリゾートのイルミネーションを船の上から眺めることが出来ます。
その他にも東京名物もんじゃ焼きや天ぷらなど、各屋形船自慢の美味しい料理とお酒も見逃せません。

各屋形船ごとに特色がありますので、「どんなルートを運行するのか」「どんな料理がでるのか」をポイントに乗船する船を吟味しましょう。


2.少人数でも貸切にすることはできるの?


屋形船は基本的に「貸切」が基本です。会社によっては「乗り合い」の屋台船もありますが、貸切も乗り合いも事前に予約が必要な点が共通です。
貸切に出来る人数は船の大きさなどに左右されますが、40人前後の定員の船が多いです。

船の運航に必要なスタッフの数や船の燃料は何人のお客を乗せても変わりません。そのため屋形船を貸切に出来る最少人数は10人というところがほとんどです。
定員10名から貸切に出来る屋形船をご紹介します。

屋形船あみ亀
参考URL:http://www.amikame.com/

新船組
参考URL:http://www.shinsengumi.bz/

月島 あら川丸
参考URL:http://www.arakawamaru.jp/


3.屋形船の気になる料金は?格安でおいくら?


昼は6000円から、夜は9000~15000円が主な相場です。料金は料理のグレードやお酒のバリエーションによって左右されますが、人数によっても違いが出ます。先ほど説明したとおり、屋形船を運航するための経費を参加人数で負担するわけですから、少人数で貸切にすればするほど、一人あたまの料金は増加する計算になります。

40人ほどの参加人数だと一人5000円以内で屋形船を貸切にする事も出来ますので、格安プランを利用したい場合はある程度の参加人数を集めましょう。参考までに格安プランのある会社をご紹介します。

江戸前汽船
参考URL:http://www.4900yen.com/

拓海屋
参考URL:http://www.takumiya-cruise.com/index.html

また通常の飲食プランの他に、追加料金で出し物などのオプションプランを利用することも出来ます。
ひと味違うサプライズを用意したい方は、各船会社のオプションプランも要チェックです。


4.まとめ


「屋形船で貸切の宴会は高級そうで体験できないかも」とお考えではありませんか?屋形船は日本の伝統的な船遊びの一つだけあり、いくつもの会社が運行している状況です。そのため会社ごとに特色のあるプランが用意されており、値段にも幅があります。最低10名から貸切にすることも出来ますので、ちょっとしたお祝い事などに利用してみてはいかがでしょうか。
ただし格安料金プランを利用して貸切運行するためには、40人ほど人を集めた方がお得になります。ある程度の参加人数が見込める宴会の予定がある方は、いつもと趣向を変えて屋形船を貸切にしてみませんか?きっと楽しい思い出になりますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ