リゾートバイトの「本当にあった怖い話」の真相を解説します

スポンサードリンク


「出世を嫉まれた左遷された貴族が祟り神になる話」や「大切なお皿を割った責任をとらされて殺された女性の怨霊の話」にはじまり、「人面犬」や「高速道路を車と同じスピードで走る老女の話」など、各時代時代に「本当にあった怖い話」を耳にします。昔はラジオや本で見かける程度だった「実体験に基づく怖い話」ですが、現在はインターネットの普及により様々な怖い話がネットの海を漂っています。

そこで気になるのが、「どれくらい信憑性があるのか」という点です。特に身近な話題が盛り込まれた怖い話は、ついつい我が身に起きたらどうしようと心配になりますよね。
そこで今回は最近インターネットの匿名掲示板でよく取り上げられる「リゾートバイトにまつわる怖い話」の評判や真相を解説します。
聞いたことがある人も初耳の人も、納得の真相ですのでご覧下さい。


1.リゾートバイトの「怖い話」とは一体どんなお話?


まずリゾートバイトをご存じですか?文字通りシーズンごとのリゾート地で住み込みで働く期間限定のアルバイトのことです。国内に限らず海外のリゾート地でも働く場合が有り、集中的に稼ぐことが出来る上に、格安でリゾート地に滞在できるとあり、学生には特に人気のアルバイトです。

しかし地の利のある場所で働くわけではないので、トラブルに巻き込まれるリスクも無視できません。

インターネット上で「実体験」をしてまとめられているお話について簡単にまとめてみると以下の通りです。
「リゾートバイトで働こうと三人の若者が海辺の旅館へ出かけた。その旅館の女将の行動が怪しかったため気味が悪くなり、早々にアルバイトを辞退して帰ろうとした。しかし女将によりすでに呪われていたため、その土地の僧侶の協力もあって無事に呪いは解除された。」
話のバージョンによっては結末や細かな行動が異なりますが、話の骨子は以上です。


2.リゾートバイトの「怖い話」の真相を解説


そもそもなぜこの話が「怖い」と恐れられているのかというと、「地域ごとに独特の風習があって、別の土地から来た人間には事前には分からない」という不安な気持が根本にあるからです。各地域にはそれぞれ独自の文化や風習が存在する、という認識が情報の発達に伴いメジャーになってきたため、「未知なるものが身近にも存在する」かもしれないと考える人が多いです。

またストーリーとして頭の中にするりとよく入ってくるため、「実際にあった話だから矛盾のない話が流布しているのではないか」と読み手に思われている傾向があります。
結論としては、リゾートバイトの怖い話は虚構である可能性が極めて高いです。綺麗にまとまりすぎた話で、登場人物の誰もが「何かが起きる」ことを予測して配置されすぎています。元々は簡素な話が、様々なインターネット掲示板で公表される度に矛盾点が校正され、完成度の高い怪談話に発展した可能性が極めて高いと言えます。


3.実際のリゾートバイトの評判とは


「リゾートバイトでは何か日常生活で予期せぬハプニングが起きそう!」という期待感から、リゾートバイトの怖い話が流布するようになった可能性が高いですが、実際にリゾートバイトは他のアルバイトと何が違うのでしょうか。気になる評判についてまとめてみました。

まず、長所ですがやはり「いつも違う環境を楽しめる」という点が大きいでしょう。またリゾートと言えば聞こえは良いですが、都会暮らしに慣れている方は吃驚するほど娯楽がありません。そのため散財する場所がなく、短期集中的にお金を貯めるのに適しています。

一方、短所もあります。長所の裏返しになりますが、娯楽がほとんど存在しないため都会暮らしと同じ生活を維持することは出来ません。また、リゾート地の時給は人手不足の都会よりも安いのが現実です。


4.まとめ


いつもと異なる環境が味わえると人気のリゾートバイトですが、インターネットを中心に「怖い話」が噂されています。どんな怖い話かというと、「リゾートバイトに出かけた人が地元の人に呪いをかけられるが、やはり地元の呪いの解き方を知っている人に間一髪で助けてもらう」という話です。

リゾートバイトは「非日常を体験できる」ために、呪いも実際にかけられた人がいるのではないかと噂されていますが、作り話である可能性が非常に高いです。
実際のリゾートバイトには怖い話以外の短所や長所が存在していますので、自分の性格は知らない場所に臨機応変に適応できるものかどうかを見極めた上でチャレンジした方が後悔せずに済みます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ