かき氷で頭痛が起きる原因を徹底解説!治し方までご紹介します

スポンサードリンク


夏になると妙に食べたくなる食べ物、それが「かき氷」です。老舗のかき氷から屋台のレトロなかき氷、新感覚のモダンなかき氷まで、百花繚乱ですよね。シンプルにみぞれもおいしいですが、苺練乳や宇治抹茶金時、変化球として白熊も捨てがたいです。

しかしかき氷を食べる上で無視できないのが、「かき氷を食べると頭痛がする」という問題です。大好きだけれど頭痛が怖くてなかなかかき氷を食べられないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、かき氷を食べるとなぜ頭痛を感じるのか、その原因とならない方法、頭痛を感じた場合に治す方法についてご紹介します。


1.かき氷を食べて頭痛が起きる原因


かき氷だけではなく、冷たいものを食べた際に頭痛を感じる状態を、「アイスクリーム頭痛」と呼びます。確かにかき氷だけではなく、アイスクリームや冷たい飲み物を一気に食べたり飲んだりしても頭痛を感じますよね。
このアイスクリーム頭痛がなぜ引き起こされるかについては、実ははっきりとメカニズムは分かっていません。ただし有力とされている説が二つあります。それは「情報伝達の間違い」と「脳内で起きた炎症を鎮めるため」の二つです。

かき氷を食べる際、正しい情報伝達としては脳に「冷たい」という刺激が伝わるはずですが、冷たさの度合いが激しすぎて誤って「痛い」に変換されてしまったという説です。もう一方は、冷たいものを摂取したせいで急激に冷えた身体の一部を回復させるために体温上昇のために血管が拡大し、炎症が起きたとする説です。


2.かき氷を食べても頭痛にならない・しない方法


かき氷を食べて頭痛が引き起こされるメカニズムは未だあやふやですが、確かなことは「急激に身体の一部を冷やすと頭痛を感じる」という因果関係です。そのためかき氷を食べて頭痛を引き起こさないようにするためには「かき氷を一気食いすることは避ける」という方法が最も適切です。暑い夏は手っ取り早く涼をとるために冷たい食べ物や飲み物を一気食いしがちですが、急激に身体を冷やすことは害にしかなりません。ゆっくり、こころして味わいながら食べることが重要です。


3.かき氷を食べて頭痛が起きた場合の治し方


とはいえ、注意して食べていても頭痛が引き起こされることもあります。その場合、どのように治せば良いのでしょうか。

まず即効性があるのは「おでこや首筋の血管を冷やすこと」です。「冷たいものを食べて頭痛を感じるんだから、身体を冷やすと逆効果じゃないの?」と考える方のいらっしゃるかと思いますが、一点突破の冷たさが痛みを感じさせる原因である場合は、全体的に身体を冷やすことが最も即効性のある対処法となります。また冷たさを感受する舌を温めるのも効果があります。かき氷を食べる際は白湯やお茶を飲むといいでしょう。

4.まとめ


かき氷やアイスクリームなど、冷たいものを食べると頭痛を感じることがあります。この頭痛は「アイスクリーム頭痛」と呼ばれていますが、ハッキリとしたメカニズムは明らかになっていません。ただし有力な仮説はあり、「冷たすぎて感覚が狂い、痛みを感じる」「急激に冷やされたため元の体温に戻すために血管が拡大し、神経に負担をかけて頭痛を感じる」といった説が有力です。

アイスクリーム頭痛を予防するためには冷たいものを一気に食べないことが最も重要な要素です。しかし頭痛を感じたとしても、時間の経過と共に治るので深刻に受けとめる必要はありません。「のんびりかき氷を食べたら溶けてしまう!それは嫌だ!」という方は、全身を冷やしながらかき氷を食べてみてはいかがでしょうか。瞬間的な痛みは緩和できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ