家計簿エクセル 誰でもできる簡単無料テンプレート付!

スポンサードリンク


家計簿、つけていますか?カレンダーと一緒に「年末には新しい家計簿をつけている」という方も多いのではないでしょうか。
しかし「そろそろ紙媒体はやめて、パソコン上で一括管理できないかな?」という方もいらっしゃるかと思います。

正直な話、毎日忙しいのに机の前に座って家計簿を開く時間なんてないです、というのが本音の方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、家計簿をパソコンで管理するのにぴったりなエクセル表についてご紹介します。

「エクセルの使い方なんて分からない、無理!」という方でもチャレンジしやすい無料のテンプレートを集めましたので、参考にどうぞ!


1.家計簿エクセル 数あるテンプレートから選択するポイントとは?


実は家計簿のエクセル表は大量にネット上に出回っています。正直な話、選ぶのに迷ってしまうほど選択肢があるのです。
そこで「エクセルを家計簿として利用するとき、このポイントに気を付けたら間違いなし」というポイントについてまとめてみました。参考にどうぞ。

・数字を入力するだけで、自動集計してくれる機能付き
→エクセル機能の長所といえば、設定さえすれば自動計算してくれることです。しかしその設定こそが難しくて無理!という方には外せないポイントです。

・項目が細かすぎない
→あまりに項目が細かいとやる気を失い三日坊主に終わる可能性が高いです。

・数年にわたって利用できる

・端末を問わず利用できる
→パソコンからでしか確認できない家計簿は、利便性が良くありません。結果、長続きしなくなります。


2.家計簿エクセル 誰でもできる簡単無料テンプレートのご紹介!


以上のポイントを踏まえた上で、おすすめの無料テンプレートをご紹介します。

【Googleドキュメント】
参考URL:https://drive.google.com/templates?q=%E5%AE%B6%E8%A8%88%E7%B0%BF&sort=hottest&view=public&urp=http://freesoft-100.com/web/kakeibo-template.html&pli=1&ddrp=1#
Googleアカウントが必要になりますが、登録するだけで使用できる無料の家計簿ツールです。最大のメリットは、「どの端末からでも気軽に入力・編集できること」です。パソコンだけではなく、タブレットなどの携帯端末からも利用できるのでお出かけ先でも使用できます。

【2016年版エクセルシンプル家計簿】
参考URL:http://www.kiriusa.com/living/economy/excel2016.html
数字を記入するだけで自動集計してくれるほか、棒グラフで可視化してくれます。
また表を印刷して「手書き」用のシートとして活用することも出来ます。「PCにチャレンジしたけど、自分には向かないかも」と途中で思ったとしても、手書きに流用できるので便利です。

【エクセル複式簿記家計簿「運命」(フリーテンプレート)】
参考URL:http://unmei.in/excel-kakeibo#tcont35
「項目が大雑把すぎて入力に迷う」という方にオススメなのがこちらです。入力項目が細かい上に、使い方の詳細な説明がありますので、自分好みにカスタマイズすることも出来ます。


3.家計簿エクセル 継続するためのポイントとは?


「継続は力なり」という言葉がありますが、家計簿も同じ事です。長く続けることで己の財政状態を把握し、目標とする金額を達成することが出来るのです。

でも、人間ですから、途中で面倒になったり精神的にまいったりして中断してしまうこともあります。しかし家計簿を長く続けられる人には共通のポイントがあります。

・家計簿をつけるのに面倒と感じない
→最大のポイントです。「めんどくさい」と感じる家計簿の記入の仕方は、どうしても長続きしません。自分にとってどんな方法であれば「めんどくさくない」と感じるのか、試行錯誤してみましょう。

・目標がある
→ただ漫然と家計簿をつけるよりは、「年間で100万円貯める」「2年間で車の買い換え費用を貯める」といったような具体的な目標があった方が長続きします。

・様々な端末で記録できる
→「友だちとランチ後、その場で家計簿にランチ代を記入できる」くらいの気軽さがあれば、家計簿をつけることに苦労を感じません。


4.まとめ


家計簿にエクセルを導入することは、「簡単に結果を集計できる」「数字の管理が便利」「場所を問わず管理できる」といったメリットがあります。

継続して家計簿をつけることが、長期にわたる資産管理には必要不可欠です。継続するのに必要なポイントは「いかに面倒くさがらず、家計簿をつけられるのか」にかかっています。

エクセルの特性を利用して、長期間活用できる家計簿にぜひチャレンジしてみて下さい。数字を打ち込むだけで自動的に集計してくれるエクセルは、必ずやあなたを煩わしい作業から解放してくれますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ