卒園式のスーツ選び 失敗無し!恥を掻かないためのポイントとは?

スポンサードリンク


3月と言えば「お別れ」を連想する方も多いのではないでしょうか。学校や職場で、大きく環境が変わる季節でもあります。
特に3月にお子さんの卒園式を迎える保護者の皆さん、卒園おめでとうございます!笑いあり涙あり、感動ありの充実した園の生活もいよいよ卒業かと思うと、成長を見守ってきた親御さんにとっては胸に迫るものがありますよね。

とはいえ、感傷に浸っている場合ではありません。「親は何を着て卒園式に出席するべきか」という問題が待ち構えています。「無難にスーツでいいか」とお考えかも知れませんが、スーツにも色々な種類があります。

今回は恥をかかないで済む、卒園式にふさわしいスーツ選びについてご紹介します。


1.卒園式のスーツ選び 押さえておきたい基本パターン


【定番はブラックフォーマル】
卒園式の最も定番スタイルは上下とも黒のスーツというパターンです。ボトムはスカートでもパンツでもどちらでも大丈夫です。ただし全身黒は「お葬式」のイメージも付きまといますので、自分なりのアレンジを加えましょう。個性をどのように出すかについては後ほどご紹介します。

【ツイードジャケット+ボトムがブラック】
普段着ることも出来るツイード素材のジャケットに、黒のボトムを合わせるパターンです。この場合、ボトムの代わりに黒のワンピースでもオシャレです。
ただし園によっては「ツイードはフォーマルではない」と考える場所もありますので、事前に周りのお母さんの意見を聞いておいたほうがいいでしょう。

【グレーor濃紺の上下スーツ】
基本的にはブラックフォーマルが卒園式の基本ですが、「モノクロカラーであればOK」という園もあります。明るめの色合いのグレースーツだと春先に着ても違和感がないため、入学式にも着用できます。


2.卒園式のスーツ選び 失敗無し!恥を掻かないためのポイントとは?


卒園式に着ていくスーツを選ぶにあたり、絶対に抑えておきたい「恥をかかない」ためのマナーのポイントは2つあります。
まずは「悪目立ちしないようにすること」です。主役はあくまでお子さんです。あまりにも着飾って保護者が登場すると、周囲の注目を浴びます。派手すぎない服装を心がけましょう。スーツの色はモノクロカラーが無難ですし、お別れの席にふさわしい色も黒や紺色、アイボリーカラーです。

次に「スカートの丈やブラウスの胸元に気を付けること」です。やはり保護者に求められるのは「良識」ですから、下着が見えてしまいそうなスカート丈や胸元が開いた服はいただけません。節度ある服装を心がけましょう。自分では「これくらい大丈夫」だと思っていても、他人の目にはそう映らない可能性もあります。心配な場合は鏡の前で椅子に座ってみたりかがんだりして確認しましょう。


3.卒園式のスーツ選び マナーを守りつつも個性を出すポイントとは?


卒園式は厳粛な式ではありますが、お祝いの席でもあります。どうせならオシャレを楽しみたいですよね。
どのような方法でマナーを守りながらも個性を出せばいいのでしょうか。

まずは装飾品をプラスして見ましょう。おすすめはコサージュやネックレスです。特にコサージュは値段もお手頃で種類も豊富なので取り入れやすいです。大人の握りこぶしくらいのサイズが派手すぎず地味すぎないちょうどいい大きさです。襟元に飾ると顔に華やかさをプラスしてくれます。ネックレスは上品なパールを選びましょう。流行のビジューネックレスですが、「光り物」は別れの席ではマナー違反と見なされます。避けた方が良いでしょう。

またストールをプラスするという方法もあります。春とはいえ、卒園式の時期はまだまだ冷える日もあるので防寒対策にもなるので使い勝手は抜群です。
その他、中に着るブラウスはパステルカラーやフリル付きのものを選ぶと華やかな印象を加えることが出来ます。


4.まとめ

「卒園式に何を着て出席するのか」というのは、保護者にとっては頭の痛い問題です。きちんと園からドレスコードが出されている場所は少なく、ほとんどが「過去の保護者が作り上げてきた伝統」というぼんやりとした認識が通る世界だけに、「もし場違いだって思われたらどうしよう」と悩んでしまいますよね。

悩んだ場合はブラックフォーマルが無難です。ブラウスをパステルカラーにして、季節感のあるコサージュを襟元に飾れば立派なフォーマルスタイルの出来上がりです。

ただし、「昔買ったスーツを着よう」とお考えの方は、事前に試着することを進めします。思わぬ虫食いを発見したり、昔と体型が変わってしまっている可能性もあるので慎重にいきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ