ドライアイスの作り方 自宅で簡単に出来ちゃう方法とは?

スポンサードリンク

アイスなどを購入するとついてくるドライアイスですが、結婚式のスモークやその他生鮮食品の輸送用にと活用する場は幅広くありますよね。また人体に無害なものから出来ているので、遺体の保存などにも使用されています。

いつまでも白い気体がもくもくと出てくるドライアイスは見ているだけで子供も大人も飽きません。使用後も水をかけたりと実験に使用して楽しむことが出来ます。

しかしあれば便利なドライアイスが、実は自宅で作れるってご存じでしたか?
今回はドライアイスの作り方や、作る際の注意点までご紹介します。


1.ドライアイスの知っておきたい基礎知識


そもそもドライアイスの正体は何かご存じでしょうか。ドライアイスは二酸化炭素が固体になったもので、その温度はマイナス79度です。家庭用冷凍庫よりも冷えていますので、当然素手では取り扱わないように注意する必要があります。

しかしなぜ固体になった二酸化炭素であるドライアイスはものを冷やす効能があるのでしょうか?

それはドライアイスが溶けると液体にはならず、直接気体(炭酸ガス)に変化する性質と関係があります。
固体から気体へと変化することを「昇華」と呼びますが、昇華が起きる際に周囲の気体から大量の熱を奪う現象が起きます。
そのためドライアイスの周囲の空気は冷やされるのです。


2.ドライアイスの作り方 自宅で簡単に出来ちゃう方法とは?


さきほどご紹介したとおり、ドライアイスの材料は二酸化炭素のみです。つまり二酸化炭素を固体化できれば家庭でも作れるわけですが、どうやって気体から固体にすればいいのでしょうか。

まず用意しなければならないものは消化器と麻袋、軍手です。軍手は安全性を高めるためにあれば便利だな、程度なのでなくても作れます。
作り方ですが、消化器の先端に麻袋をかぶせて噴射するだけです。

麻袋がなければ枕カバーなど、袋状のものであれば使用できます。瞬間的に冷却されるので、強度の面でも布で出来た袋の方が安全です。

消火器のおすすめは、ずばりコレです!



お値段もお手ごろですし、
普段使いとして常備しておくのにもオススメです!

3.ドライアイスの作り方 自宅で作る際の注意点


あっという間に作れてしまうドライアイスですが、絶対に守るべきポイントがあります。
まず「換気を確認すること」です。ドライアイスは二酸化炭素で出来ているため、室内に気化したドライアイスが充満すると酸欠になります。酸欠は命を奪う原因にもなりますので必ず換気を確認してからドライアイスを作って下さい。

また使用する消火器ですが、「二酸化炭素を使用してある消火器」を使用するようにして下さい。消化器に詰められた内容物の成分は、商品により変わります。美術館や家庭用の消化器には人体に有害とならないような成分で構成された商品がありますので、ご購入前にラベルの成分表をご確認下さい。


4.まとめ


ドライアイスは二酸化炭素を固体化させたものです。気化させると周囲の熱を奪うので、ものを冷やす効能があります。原料は二酸化炭素だけですので、家庭で作ることも出来ます。

家庭で作る際は二酸化炭素式の消化器と麻袋を用意します。消化器のホースの先に麻袋をつけて噴射すると、吐き出された二酸化炭素の一部がドライアイスに変化するのです。

簡単にできますが、作る際にはまず「換気」に十分ご注意下さい。二酸化炭素使用の消火器を噴射すると二酸化炭素の濃度が高まり、酸欠になるおそれがあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ