花粉症の頭痛対策!風邪との見分け方や対策を徹底解説!

スポンサードリンク


一度かかったらなかなか治る見込みのない、季節ごとに症状が現れる花粉症はホントに厄介な存在ですよね。

鼻水とくしゃみだけでも鬱陶しいのに、頭痛まで加わると「もう何もしたくない」という気分に陥り季節うつ病まで発症してしまいそうです。

そこで今回は花粉症に伴う頭痛の「なぜ」についてまとめてみました。そもそも風邪とどうやって見分けるのか、対策はあるのか、なぜ頭痛がするのか。もやもやを吹き飛ばす情報をお届けします。


1.花粉症の頭痛対策! 原因と症状を解説!


そもそもなぜ、花粉症にかかると酷い頭痛を感じてしまうのでしょうか。その原因はやはり「鼻の粘膜」にあります。

花粉は様々なルートで体内に入ってきますが、鼻の粘膜から侵入すると鼻の粘膜がアレルギーで炎症を引き起こす場合があります。炎症を起こした粘膜は腫れ上がりますので、鼻の中の酸素の通り道が狭くなります。すると鼻から吸い込める酸素の量が減り、脳に十分な量をまわせなくなります。脳に届けられる酸素が少なくなると「酸欠」状態に鳴り、頭が重苦しく感じるのです。

つまり花粉症にかかると取り込める酸素の量が少なくなり、酸欠で頭痛がするのです。


2.花粉症の頭痛対策! 風邪との見分け方はコレ!


季節の変わり目に風邪はひきやすいといいますが、春先の風邪は「もしかして花粉症なの?」という心配もあります。いつまでも風邪が長引いて治らないと「もしかして花粉症なんじゃない?」と人から言われたり自分でも疑ってしまいますよね。

花粉症と風邪を見分ける方法はあるのでしょうか。

花粉症にあって風邪にないもの、それは「痒み」です。目や喉の痒みは花粉症固有の症状で、風邪の場合は出ません。

また頭痛や鼻水といった症状は風邪にも見られますが、花粉症の場合は「花粉がたくさん飛散している日」や「外出後」ひどくなり、室内に籠もっていると症状が和らぐ場合があります。

日によって症状が異なるようであれば、風邪ではなく花粉症が原因の頭痛だと言えるでしょう。


3.花粉症の頭痛対策! 対策を徹底解説!


花粉症に伴う頭痛は、やはり諸悪の根源とも呼べる花粉症対策をしっかり行うことがまず第一の対策法です。花粉を吸い込まないようにするために、「花粉が多い日はなるべく外出しない」「外出時はマスクをつける」「帰宅時は手洗いうがい、上着についた花粉の除去など必ず行う」といった方法があります。

また頭痛は「鼻の粘膜の炎症」が原因ですから、鼻の通りを改善する薬を服用することも効果があります。抗アレルギー剤も症状を抑えてくれます。

ただし市販の頭痛薬は、一時的に頭痛が和らぐことはあっても、原因に影響を与えないので薬の効果が切れるとまた頭痛が始まります。また花粉症の薬を服用中に自己判断で別の薬を飲んでしまうと、飲み合わせが不安です。必ずお医者さまに相談するようにしましょう。


4.まとめ


花粉症に伴って起きる頭痛は、酸欠が原因でした。鼻の粘膜で炎症が起きると体内に酸素を取り入れにくくなってしまうのです。鼻水が出てくしゃみを連発し、頭痛もひどいとなると風邪を疑いますが、もしも「目がかゆい」「外出した後に症状が悪化する」といった特徴があれば、原因は花粉症です。

花粉症による頭痛は、そもそもの原因である花粉症を解決しなければ症状は治まりません。花粉症対策をしっかり行いましょう。ただし鼻から取り込む酸素の不足が原因なので、鼻の通りをよくすると症状が改善します。酷い頭痛に困ったら、市販の頭痛薬よりも、鼻の通りをよくする薬を服用しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ