ちらし寿司の献立 相性抜群のおかずとレシピを大紹介!

スポンサードリンク

ちらし寿司の献立 相性抜群のおかずとレシピを大紹介!


ひな祭りや誕生日など、おもてなし料理の定番ともいえるちらし寿司。
これだけで、割と完成されているメニューなので、ちらしずしに合うおかず
というと何がいいのかと悩んでしまいます。

かといって、おもてなしなのに1品しか作らないわけにもいきません。
せっかくの晴れの席もなんだか見劣りしてしまいます。

ちらし寿司をメインとすると、どういった献立にしているのか、どんなおかずが
ちらし寿司と合うのか、以下にご紹介していきます。



1.ちらし寿司の献立 こんなおかずが食卓に並べられてます!


やはり寿司にあうものなので、お吸い物を一緒に食卓に並べる方が多いです。
ご飯にはお味噌汁といったように、なにか汁物があるとうれしいですね。

またちらし寿司がお酢が効いていて、さっぱり系なので、ちょっとこってりめの
唐揚げや天ぷらなども合います。
おもてなしで、見た目に豪華になるローストビーフもいいですね。

あとは副菜として、サラダや茶わん蒸しなどを献立に加える家庭が多いようです。
春は山菜を活用した白和え、夏であればさっぱりとおそうめん、
冬場はやはりあたたかい茶碗蒸しと言ったようにその季節ならではの副菜が加わることあります。


2.ちらし寿司の献立 激選!愛称抜群のおかずとレシピを大紹介!


ちらし寿司と相性バッチリなおかずをご紹介します。
・つけておくだけ。簡単塩麹豚
 豚のブロック肉の水気を取り、ビニール袋に豚肉と塩麹を入れて、1日置いておく。
 鍋に水、塩麹豚、生姜スライス、ねぎの青い部分を入れ沸騰したら中火で30分ゆでる。
 火を止め粗熱が取れるまでそのまま。冷めたら冷蔵庫へ。
 スライスしてタマネギなどをそえたら、簡単ゆで豚の出来上がり。

・ジャガイモと牛肉の甘辛煮
 熱したフライパンにごま油を入れて、牛肉を炒め、色が変わったらジャガイモ
 も入れて油を全体になじませる。
 そのフライパンに水、酒をいれて煮る。堅くなってしまうので一旦牛肉は取り出す。
 じゃがいもが煮えていたら牛肉を戻し、砂糖、醤油で味付け。味がなじんだら完成。

・簡単チキンカツ
 鶏むね肉をそぎ切り(包丁で肉をたたいておくと、肉が柔らかくなります)。
 肉に塩コショウをして、下味をつける。
 卵、小麦粉を混ぜた生地にむね肉をくぐらせ、ビニール袋にいれたパン粉に
 生地をなじませたむね肉を投入。ビニール袋でパン粉をつければ、手が汚れず、
 後片付けも楽チンです。
 そして中温の油でむね肉を揚げれば出来上がり。 

・銀杏の炒め物
 殻から取りだした銀杏を薄皮がついたまま沸騰したお湯で3分加熱。
 加熱している間に自然と薄皮がむける。
 一旦ざるにとってしっかり水気をとる。
 フライパンにオリーブオイルを大さじ1加え十分熱したら銀杏を加える。
 きちんと水気を切っておかなければ油はねがひどいので注意。
 銀杏を痛めつつ塩ひとつまみを加える。
 岩塩だと少量でしっかり味がつくのでオススメ。
 好みの焼き目がついたら皿に移して出来上がり。
 最初に茹でて火は通っているので、あっと言う間に出来上がる。


3.ちらし寿司の献立 意外とマッチする?おすすめサラダ


箸休めにもなる、ちらし寿司にあう簡単サラダをご紹介します。

・白菜のサラダ
 白菜を太めの千切りにして、たっぷりのお湯でゆでて、粗熱が取れたら
 水気を絞る。
 白菜に和風だしの素、砂糖、塩、を馴染ませ、冷めるまで放置。
 その後、再度水分が出てくるので絞り、マヨネーズとすりごまを加え
 混ぜたら、最後にかつお節をいれてさっと混ぜたら出来上がり。

・きゅうりの胡麻マヨサラダ
 きゅうりは食感を残すため、3㎜くらいの厚さにスライスし、塩をまぶしておく。
 耐熱皿に卵を入れ溶く。その卵を、600Wのレンジで2分ほど加熱し、フォークで
 卵をあらくつぶしておく。ちくわを斜めにスライスしておく。
 きゅうりから出た水気を絞り、ボールにきゅうり、卵、ちくわをいれ、
 マヨネーズ、すりごま、めんつゆ、ごま油、砂糖、かつお節を入れて完成。
 味が物足りないようなら、塩、コショウで調整する。


・スナップエンドウの明太ディップ添え
 スナップエンドウはすじを剥いて2分間沸騰したお湯で茹で、ざる上げする。。
 茹でている間にマヨネーズに薄皮を剥いた明太子とにんにくのすり下ろしほんの少々を混ぜ合わせる。
 明太子がなければ、七味唐辛子としょうゆをマヨネーズと和えてもいい。
 まだほかほかの暖かいスナップエンドウに各人が好きなだけディップをつけて食べる。
 簡単にできるのに飽きのこない美味しさ。
 ゆでるだけなので包丁もまな板もいらず、スプーンを使用すれば小さい子供でもお手伝いできる。

4.まとめ


いかがでしたでしょうか?
ちらし寿司は、具材を個々に料理して用意するので、かなり
手間がかかります。
おもてなし料理として、見た目も豪華なので、色々なパーティーにも
使えますが、さらに副菜を!となると、なかなか用意するのが大変です。

ご紹介したおかずは、あまり手間がかからず、さっと作れるものなので、
ぜひちらし寿司のおかずとして活用してみてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ