節分の意味って? 大人にも子供にも楽しく解説!

スポンサードリンク


毎年2月3日に行う節分の豆まき。子供のころから親しみのある行事で、
毎年行っている方も多いことでしょう。

しかし、慣れ親しんできたからこそ、なぜその行事があるのか、あまり
考えずに毎年行っていませんか?

なぜ鬼をやっつけるのか、なぜ豆をまくのか?なぜ2月3日なのか?気にし始めると疑問だらけの
節分について見ていきましょう。


1.節分の意味と由来


もともと「節分」とは、季節の変り目を指し、一年のうちに立春、立夏、立秋、立冬の前日の
4回ありました。
旧暦では立春のころを1年の始まりとしていたため、年4回の節分のなかでも立春の前日は
最も重要視され、だんだんと節分というと立春の前日だけを指すようになりました。

立春が新年の始まりとなると、その前日は新年を迎える前日=大晦日にあたることから、
これから新年を迎えるにあたり、とても重要な日となり、新年がより良い年であるようにと
の思いを込めて、「追儺(ついな)」の行事が行われました。
これは、季節の変り目には邪気が入りやすいと考えられていたため、その邪気を払うために寺社
が行っていた厄払い行事です。その際に行っていた豆うちの儀式の名残が現在の
節分に行っている豆まきです。




2.節分の意味を子供に簡単に教えるポイントとは?

「ママ、パパ、どうして節分には豆まきをするの?」
なんて急に聞かれて焦らないために、子どもに聞かれても安心、説明のポイントをあげておきましょう。

あまり難しく、詳しく説明しても子供には難しいので、ポイントを絞ってわかりやすく
伝えましょう!

・昔は今と暦(カレンダー)がちょっと違って、お正月が節分の次の日であったこと
・今のお正月のように、お正月を迎える前日には、新年を迎える準備をして、新しい
一年がいい年であってほしい、家族みんなが元気で過ごせるようにと願っていたこと。
・昔は災害や病気など、恐ろしい出来事はすべて鬼の仕業と考えられていて、
節分などの季節の変り目には鬼(邪気)が来やすいと考えられていたため、その
鬼を退治するために豆をまく

この3点を抑えておけば、急な質問にもあたふたせずに答えられ、心配無用です。


3.節分の意味 大人もへぇーとなる豆知識とは?


ではさらに節分について詳しくなって、大人も驚かせちゃいましょう。

豆うちの儀式から豆まきを行うようになったようですが、ではなぜ豆をまいたのでしょうか。
色々と説はあるようです。

・昔から豆には邪気を払う力があると考えられていたので、豆の持つ力で邪気を払った。
・昔、京都の鞍馬山から鬼が出てきて都を荒らしていたときに、その鬼を追い払うのに
炒った大豆をつかったことから。
・豆は栄養が少ない土地でも育つため、生命力があるから。
・語呂合わせで、魔目=まめ、豆 魔滅=まめ、豆 から。

などと言われています。
また、豆をまくときは炒った豆を使わないといけません。
それはせっかく邪気を払った豆から目が出るのは縁起が良くないとされているからです。

また邪気を払った炒った豆は「福豆」とよばれ、年の数だけ体に入れることで、
健康で幸せに暮らせますようにということを願ったそうです。



4.まとめ


毎年の年中行事、節分の豆まきはそれだけでも家族で行うと楽しい行事ですが、
節分の由来や意味を理解すると、より一層行事を楽しむことができますね。
昔から伝わっている行事には、家族を大切にする思いが込められています。
今年の節分は、そんな思いも理解しながら、豆まきを家族で楽しめそうですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ